結婚式の持ち物はどうする?【男性の荷物・カバン】

結婚式の持ち物はどうする?【男性の荷物・カバン】

結婚式に呼ばれたら荷物やカバンはどう選べばいいのでしょう?特に男性はカバンか手ぶらかと迷う方も多いようです。そこで今回は結婚式に呼ばれた男性の荷物やカバン、マナーについてまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。しっかりと準備し結婚式当日を迎えたいですね。

2018年03月24日

結婚式で男性が必要な荷物は?

結婚式にお呼ばれしたら、何を持っていけばいいのか悩みますよね。フォーマルな場では荷物の量は最小限にするのがマナーなので、会場にはあまり荷物を持ち込めません。それでもお財布やご祝儀袋など必ず必要なものもいくつかあるので、最低限持っておきたいものをご紹介します。
まず絶対に忘れてはいけないのがご祝儀袋です。男性はスーツの内ポケットに入れておくことが多いです。
次に招待状も忘れず持っていきましょう。あとは財布やケータイ、そしてエチケットとしてハンカチとティッシュも必要です。

 

男性の場合は手ぶらが多数派?荷物が多い場合は?

結婚式はフォーマルな場なので、身だしなみにはとても気を使いますよね。特に男性の場合は結婚式にカバンを持っていくべきかどうか迷われる方が多いようです。
ビジネスバックだとなんとなく結婚式には合わないし、かといってリュックサックなどのカジュアルなカバンはマナー違反です。ではどのようなカバンを持っていけばいいのでしょうか?
実は、基本的には手ぶらでOKです。ご祝儀はスーツの内ポケットに入れるスペースがありますし、男性の礼服のポケットは深さもあり大きめに作ってあるので、ハンカチや財布などの小物は十分入ります。女性と違い化粧ポーチもいらず荷物が少ないので、基本的にカバンは必要がありません。
ただ、持ち物が多い場合はカバンがある方がスマートですので、準備して行きましょう。

結婚式男性カバンの種類

男性の場合、手ぶらで結婚式に出席する人が多いようですが、スーツのポケットがパンパンに膨れるくらい荷物が多い人はやはりカバンを持っていくことをオススメします。
結婚式にふさわしいメンズ用のカバンには、どのような種類があり、どういったものが適しているのか見ていきましょう。

クラッチバッグ

クラッチバッグとは、手で掴んで持つタイプの、肩ひものないハンドバックです。
実は、クラッチバッグは結婚式に呼ばれた男性が持っていくにはとてもピッタリのカバンです。フォーマル感があるので礼装にとてもよく合いますし、会場にも持ち込めます。
メンズ用のものも種類が豊富なため選択肢が多く迷うかもしれませんが、まずはスーツや靴と色を合わせるのが基本です。
そして布製やビニール製のクラッチバッグはカジュアルな印象を与えるため、革製のものを選び、デザインもシンプルなものにしましょう。

 

セカンドバッグ

セカンドバッグはクラッチバッグの一種です。ただ、悪いわけではないですが、日本ではセカンドバッグというとメンズ用というよりは年配のおじさんが持っているイメージが強く、少し古臭い印象を与えてしまうかもしれません。
幅が太くて長方形のセカンドバッグはひと昔前の物みたいに見えるので、マチが薄いものを選ぶのがおしゃれに見えてオススメです。

ビジネスバッグは控える

お仕事をされてる方は、ビジネスバックを普段使いされていることも多いかと思います。
スーツにとてもよく合いますが、実は結婚式に持っていくカバンとしては適していません。
せっかくの礼服も、ビジネスバッグを合わせることによって仕事帰りのような印象を与えかねませんし、まるで通勤途中に来たようでお祝いの場にはふさわしくありません。
普段使いのビジネスバッグを持ち込むことは控えた方がいいでしょう。

カジュアルなリュックは控える

最近では通勤の際にリュックサックを使用する方も増えてきました。両手が空くし、荷物もたくさん入るのでとても便利ですよね。 リュックタイプのビジネスバッグも普及し、スーツによく合うメンズデザインの物も増えています。 しかしいくらスーツに合うデザインの物でも、フォーマルな場に持って行くカバンとしてはカジュアルな印象を与えてしまいます。どうしても荷物が多くやむを得ずリュックを持って行く場合は、クロークに預けることをオススメします。

結婚式に泊まりがけで出席をする場合の荷物はどうする?

ここまでお伝えしてきたように、結婚式のようなフォーマルな場では、男性なら手ぶらもしくはなるべく荷物を少なくすることがマナーとなります。
しかし時には泊まりがけで行かないといけないような遠方での結婚式に参加する機会もあるかもしれません。
そんな時は手ぶらや少ない荷物のみということは難しいと思うので、キャリーバックなどの旅行用のカバンを使用してもらって大丈夫です。
ただし特別な事情とはいえ、会場内で大きなバックは目立ちます。必ず必要なもの以外はクロークに預けるようにしましょう。

【NG】結婚式の男性カバンマナー

紙袋はマナー違反

紙袋って便利ですよね。サイズ的にも使い勝手がよく無難だし、財布やカメラなどかさばる荷物が多いときはサブバックとしても使えそうなのでついつい結婚式に持参しても大丈夫かな?と思ってしまうかもしれませんが、これは完全にNGです。
紙質が良かったりデザインが上品であったり、ブランド物であったとしても関係ありません。
紙袋はあくまで紙袋であってカバンではないので、結婚式に持っていくとマナー違反になってしまいます。
結婚式という場にふさわしいカバンを選んで持っていくようにしましょう。

まとめ

結婚式に参加する男性の持ち物についてご紹介しました。結婚式はフォーマルな場なので、男性は手ぶらで参加するのが基本です。
女性と違い男性は荷物が少ないので、財布やご祝儀といった必要最小限の持ち物ならスーツのポケットに収まると思います。もし手ぶらが難しい場合はカバンを持って行っても構いませんが、荷物は最小限にし、カバンはクラッチバッグのようなフォーマルな場にふさわしいものにしましょう。
当日忘れ物がないよう、事前にしっかり準備ができるといいですね。

 

関連する記事

新着一覧