看護師が結婚できないと言われるのはなぜ!?結婚できない理由と対策方法

看護師が結婚できないと言われるのはなぜ!?結婚できない理由と対策方法

看護師って、男性が結婚したい職業 上位なのになぜ結婚できないと思われているの?看護師を奥さんに持つと良いような気がするし誰もが羨みそうだけど・・・いったいどんな理由があるのでしょうか?そして、打破する方法があるのでしょうか?看護師結婚事情を探ってみます。

2018年07月06日

看護師は結婚できない!?

看護師は結婚したい職業上位 なのになぜか結婚できないと言われる!?矛盾していますよね。結婚したらしっかり奥さんになりそうなのに、看護師は「結婚できない」とよく耳にします。果たして本当にそうなのでしょうか。そうだとしたら何が理由なのでしょうか。どうすれば看護師は結婚チャンスに巡り会えてゴールできるのでしょうか。実際に結婚している人の声も聞きながら、看護師と結婚の事情をみてみましょう。これから結婚、婚活をしようとしてらっしゃる看護師の方、参考にしてみてくださいね。

なぜ看護師は結婚ができないと言われるの?

国が認めた職業「白衣の天使」とも言われる看護師。3Kと言われながらも、とても手厚く看病してくれる看護師さんが多く感心感謝される職業です。白衣姿も素敵ですし、男性から見てもとても魅力的ではないでしょうか。しかしながら、なぜか「結婚できない職業」でもランキング 5 に入るほどです。では、なぜそう言われているのかみてみましょう。

結婚できないと言われる理由

一般的に看護師が「結婚できない」と言われる 主な 5 つの事柄と詳細をあげてみます。

結婚できないと言われる理由 5 つのこと

  • 勤務時間が不規則
  • 出会いがない
  • 経済的にも余裕がある
  • 一人でいたいと思う
  • 気が強いと思われている

勤務時間が不規則

交代制勤務、夜勤などで「看護師=不規則」とも思われ、交際に至っても時間が合わず会えないことにストレスを感じ続かないケースも多いようです。

出会いがない

結婚する気があっても忙しくて、心身に余裕もなく婚活する時間がない。通常の婚活パーティーなどに参加できても、看護師は仕事が不規則だからと男性からも敬遠されがちのようです。

経済的にも余裕がある

年収もよく安定しており、男性よりも年収が多い看護師がいることは知られています。金銭的に余裕があると、一人が居心地良すぎて結婚への気持ちが薄れゆくケースがあります。

一人でいたいと思う

日々多忙で、病気の患者さんを心身ともにケアをする仕事ですし、緊張もするし気も使います。休日はゆっくり身体を休めたいと思ってしまい楽な一人を選んでしまいがちです。出不精にもなってしまう人も多いようです。

気が強いと思われている

命を預かり油断できない仕事です。気を張って仕事をしなくてはいけませんし、的確な指示も必要です。自分にも他人にも厳しくなるので、気が強くなるのは当然かもしれません。キャリアを積めば気づかぬうちに染み付いているものです。

看護師は結婚のタイミングが難しい?

職業柄、交代制で夜勤があったり、緊急で呼び出されたり、交際していても相手と時間が合わずすれ違うことが多く、デートもままならないで結局交際が続かない・・・そういう人も多いようです。好きな人であれば会いたいし結婚だって考えますが、会えないとなると交際さえも難しくなり、マイナスの決断せざる得なくなってしまいます。付き合っていきたいのだけど会えない・・・気持ちのバランスも難しいですよね。タイミングが難しいと言われるのは時間が大きな要因となっているようです。

看護師と結婚するとこんなことが待っている!

「安心」「頼りになる」「しっかりしている」など、看護師と結婚することで、看護師ならではの良いこともたくさんあるのは事実です。では、看護師を奥さんに持つと家庭・家族にはどんなメリットがあるのでしょうか。看護師さんと結婚してよかった事柄をピックアップしてみました。
 

看護師と結婚【良いところ編】

収入が安定している

いちばん大きい要素ではないでしょうか。看護師の平均年収は 478 万円と言われており、旦那さんよりも収入が多いという夫婦はたくさんいるようです。あてにするわけではありませんが、収入が大いに越した事はありませんし、旦那さんとしてもとても助かるのではないでしょうか。転職や退職も有利とも言われています。

緊急時に対応できる

万が一の怪我や病気で倒れたりした場合、また周りでそのような人が居た場合、手際よく手当てしたり、連絡したり、緊急時の対応をしっかりでき頼りになる存在です。子どもの病気にも敏感ですよね。不慣れな男性では、なんでもない事でも大げさにしてしまう場合もありますので、知識と経験がある看護師さんは尊敬できる存在ですし安心です。

適度な距離感を保てる

奥さんが働きに出ている時間は、一人の自由な時間を満喫しているとの声も多いようです。新婚の頃は寂しい思いもしたけれど、結婚生活を重ねれば理解もできるようになり、貴重なプライベートな時間として楽しめます。どんなに夫婦でも、お互いプライベートな時間って必要ですし、それがあるから上手くやっていけているとも言えます。

看護師と結婚【悪いところ編】

家事が疎かになる

食事も出来合いだったり、旦那さんが買ってきたり、外食だったり、奥さんの手料理を楽しめることが少なくなってしまいがちですし、食費も嵩むのは痛いですよね。たまに早く帰宅できても溜まった家事に時間をとられる事になり、家事と仕事の両立は大変です。

すれ違い

曜日ではなくシフト制の勤務形態ですのでお休みは不定期。夜勤があれば、旦那さんとのタイミングは合わず、普段の生活がすれ違いが多くなるのは否めません。お互い生活のリズムに慣れるまでが大変です。

計画がたてられない

大型連休は休めないのが基本でしょうし、長期旅行や子どもの休みに合わせて里帰りも難しくなります。自分だけ仕事ということで上手くいかず、一旦退職したり、融通のきく病院へ転職したりする看護師さんもいるようですが、やはり家族と一緒に過ごせないのはストレスです。

結婚するには転職や退職が必要?

看護師を続けていると結婚できないと考え、退職したり他の病院に移ったり、融通の利く職場に転職を考える人も少なくないようです。もちろん、そうしたからと言って結婚確実ではありませんが、忙しかった生活から心身にも余裕ができ交際や婚活もしやすくなるでしょうし、結婚する確率が増えることは間違いなさそうです。簡単ではありませんが、結婚のために転職や退職も必要な時代なのかもしれません。

看護師が結婚するタイミング

交際スタートの時期や年齢、働いている病院などにもよるでしょうが、キャリアを重ねるほどタイミングを逃してしまう傾向があり、結婚の意思が決まれば早い方が良いと言われています。結婚を決めた後、職場への報告順序などで面倒なことも多いようですし注意したいところです。しかし、結婚は自分だけの問題ではありませんし、相手のこと家族のことも考えなければなりません。タイミングって難しいですよね。

Tさん/4年目に結婚

(27歳)

2年目までは仕事に必死でしたので何もかも余裕がなく4 年目に結婚しました。看護師 3 年目でプロポーズを受けましたが、彼氏にはしばらく待っててもらいました。

Yさん/8年目に結婚

(34歳)

1 度職場を代わり看護師歴8年目で結婚しました。彼氏が同じ職場でしたので、お互いの事情も分かっているし準備もスムーズに進み思ったよりすんなりできました。退職せず仕事は続けています。

Kさん/2年目に結婚

(25歳)

妊娠のタイミングで結婚。仕事は 2 年目でしたが、先輩や上司に伝え産休もあったので同じ職場に戻りました。

Mさん/11年目に結婚

(33歳)

寿退職で結婚しました。彼氏が後継なので手伝うことになり、看護師は辞め彼と一緒に転職することにしました。悩みましたがいい選択だったと思っています。

Aさん/7年目に結婚

(35)

夜勤のある職場でしたので、現状では結婚は難しいと思い転職し婚活しなんとか結婚できました。結婚退職をして妊活をしています。また仕事に戻りたいと思っています。

Fさん/9年目に結婚

(32歳)

勤め先の病院が移転することになり、そのタイミングで退職して結婚しました。仕事は楽しかったけど、今結婚しないとできないと危機感も感じ、いつでも再就職できるしと思って看護師より結婚を選びました。

看護師の出会いの場所

女性の多い職場で出会いがないと言われている看護師ですが、看護師と出会いたいと思っている男性は多いようです。では、どのような場所で、どのような活動をすれば男性と出会え、交際に発展できるのでしょうか。活動の回数や幅を広げれば、交際・結婚の確率はそれだけ高くなります。既に動いている人もいるかと思いますが、出会の場所をいくつか集めてみました。

出会の場所

  • 職場
  • 合コン
  • パーティー
  • お見合い
  • インターネット
  • 結婚相談所

職場

大きな病院になればなるほど、働く人の数も多いはずです。ドクターをはじめ、技師、薬剤師、事務、出入り業者、男性の看護師さんも増えていますので、タイミングが鍵となりそうです。看護師=女性の職場と思われがちですが、男性の数は多いと言えます。出会いのために、大きな病院へ転職するという手もアリなのかもしれません。

合コン

「看護師 × ◯◯」など、対職業の合コンは多いのではないでしょうか。自らも合コンを設定をしましょう。例え良い出会いが無かったとしても、次の合コンにもつながる可能性大です。また、一緒に参加した友達が良い出会いがあれば、その友達を通じて別の合コンや紹介といったきっかけにもなるのではないでしょうか。

パーティー

いわゆる婚活パーティーです。今はいろんなパーティーが開催されており、大企業主催のパーティーでは、看護師限定としてパーティーを開催する日もあるようです。もちろん職業に限らないパーティーもありますので、参加してみることで、今までにない新しい出会いがあるかもしれません。企業開催のパーティーは、女性側は参加料が安く設定してあるところが多いので、定期的にも参加できる出会いの場かもしれません。

お見合い

結婚したい!と周りに伝え、お見合いを設定してもらえるようアピールしましょう。親戚やご近所さんに伝えておけば反応があるかもしれません。釣書を預けておけば尚いいでしょう。ご縁はどこに転がっているかわからないものです。近くにお世話好きの人がいれば直ぐにお願いしておきましょう。ご紹介いただいたら、写真や経歴だけでは相手が見えませんので、まずは会ってみることが大切です。

インターネット

ネットで出会い!?とちょっと躊躇する人も多いかもしれませんが、週末の合コンやパーティーに行けない人にとっては、出会い系アプリやマッチングアプリは、気軽に出会いを探せる便利なサイトと言えます。時間も気にせずアクションできますし、自分の素性をきちんと申請する有料サイトもありるので、会う会わないは考えず見るだけでも楽しいかもしれません。今の時代ならではの出会いです。

結婚相談所

看護師だけを限定にした合コンをまとめてくれる結婚相談所もあるようです。結婚相談所は料金は掛かりますが、サポートもしっかりしているし自分の希望に合った人を紹介してくれるサービスもあります。また、結婚相談所は、登録料も安くはないので、男性は経済的にも安定している人が多いとも言えます。料金、サポート、成婚率、口コミなどをしっかり見比べてまずは資料請求をしてみましょう。

まとめ

昨今、女性の未婚率の上昇、晩婚化が進んでいることは世間でも知られています。看護師の未婚率は約 5 割とも言われていますが、看護師以外の仕事を持つ女性の未婚率も 3 割強と言われていますので、結婚できないのは看護師に限ってのことではないともとれます。確かに男性からすると、仕事が不規則だったり、すれ違いが多そうだったりと、男性にはデメリットが目立つ看護師のような気もしますが、どんな職業でもお付き合いする上で良いこと悪いところはあります。結婚は職業とするわけではなく人とするわけです。結婚したいと思ったら素直な気持ちで看護師に自信を持って婚活をしましょう。
 

人気の記事

人気のある記事ランキング

新着一覧