医者との結婚は幸せになれるの?結婚相手の条件とは

医者との結婚は幸せになれるの?結婚相手の条件とは

お医者様と結婚したい!と思ったことのある女性は多いのではないでしょうか。ですが、医者と結婚するには条件がつきもの。どんな女性が医者と結婚しているの?美人じゃなきゃだめ?婚活で出会うには?などの気になる情報をご紹介します。

2018年07月11日

医者との結婚で幸せになれる?

昔から、医者の妻というステータスに憧れる女性は多いものです。
お金持ち、美人な奥様、ハイステータスな生活……と、確かに華やかなイメージのある医者の妻ですが、見た目以上に苦労が多いことをご存知でしょうか?
多くのライバルに打ち勝ち、医者と結婚しても、それは始まりにすぎません。
この記事では、医者が結婚相手として人気の理由や、医者の妻に求められる条件などを説明し、医者との結婚は本当に幸せになれるのか?ということについてご紹介します。

医師はなぜモテる?人気の秘密を調査

医者の妻=ハイステータス、つまり医者はモテる!という認識は一般的ですが、なぜみんながそう思うのか、その理由をご紹介します。

頭がいい

一般的に知られているように、医師という職業はとても賢さを求められる職業です。
暗記や計算などの学力はもちろん、臨機応変な対応や素早い処理能力が備わっていないと務まらない仕事です。
そのため、頭の回転が速く、冷静な人が多いといえます。
女性は、頭のいい結婚相手はとても理想的と思う人が多いようです。また、子供にもその遺伝が受け継がれることを期待する人も。

高収入

医師の収入はその分野にもよりますが研修医の期間が終わる30代は600万、その後は最高2000万ほどの年収を稼げるといわれています。
600万でも夫婦ふたりの衣食住が満たされるのにはおおむね大丈夫な金額ですし、年齢が上がるにつれて年収も上がりやすい職業のため、子供ができてからのお金の心配もさほど必要ありません。
高収入な分、多忙さは苛烈を極めますが、安定した専門職で、食い扶持に困らないというのは大きな魅力と言えます。
 

健康面で安心

医師が相手だと、自身の健康状態で気になることがある場合、相談に乗ってもらえたりします。
また、医者同士のつながりもあるので、気になるところが相手の専門分野でなくともスムーズに医者を紹介してもらえることも。
子供が生まれたり、年齢があがって健康に不安が出てきたときは、とても頼りになるパートナーと言えるでしょう。

周りに自慢ができる

単純な理由ですが、「夫が医師」ということは、女性の「自慢したい!」という欲を満たしてくれる存在です。
これまで述べてきたような根拠があってこそですが、何よりも羨望のまなざしを受けたくて医師との結婚を考えている人もいるようです。

こんな人と結婚したい!医者がえらぶ女性の条件

では、実際に医者はどんな女性を相手にしたいと考えているのでしょうか?
一般的には医者の妻は美人でいてほしい、賢くあってほしい、辛抱強さが求められる…‥など、様々な条件が付きやすいと思われています。
この記事では、その実際をご紹介します。

忙しさを理解してくれるのが第一条件

医師は想像以上に激務です。
専門にもよりますが、最も多忙とされる外科医などは平日は外来、土日は手術があったり、休みの日に急患で呼び出されたりと、ひっきりなしです。
新婚時代にゆっくり夫婦の時間を過ごすことや子供の行事などもなかなか参加は難しいため、人によっては「なぜ結婚したんだろう……?」と寂しさを感じてしまうことも。
そんな寂しさを感じていても、仕事が多忙な相手とは話をする暇がない場合もあります。
相手に自分の幸せを依存させず、相手の多忙をきちんと理解して「一緒に時間を過ごす」以外の幸せを見出せる人ではないと、医師の妻となることは難しいでしょう。
忙しさを理解するという条件は、まず第一に必要になってきます。

キャリアウーマンには医者の妻は務まらない?

勤務時間も不規則な医者の夫は、身の回りのことは妻にお任せ……という人も少なくありません。
もちろん協力してくれる人もいるかと思いますが、「お手伝い」程度のことが多いそうです。
そうなるともちろん、妻が家庭のことをしなければなりません。
少なくとも、多忙である医者は、結婚相手に家庭のことをしてもらうという期待をかけています。
そこで、妻になっても働きたいといった希望があると、医者の結婚相手として候補から外されてしまうことも。
ただし、女性が同業の医者である場合は少し話が違うようです。
その場合は、最初から仕事の忙しさを理解してもらえるという大きなメリットがあります。そして二人分の稼ぎで家のことは外部に発注もできますので、とても魅力的に映るようです。

しかしながら、医者以外の職業の場合は「家事と両立できるか」というのが働く条件になってくることがほとんどのようです。
自分のキャリアを途切れさせたくない場合、家庭との両立をどう理解してもらえるかがポイントになります。

金銭の管理が上手いことも重要

医師という職業は、収入が多い分お金に無頓着な人が多い場合がありますので、お金の管理が上手な人を条件にあげる場合があります。
なかには、結婚する前は身の回りのことはすべてお金で解決していた……という人も。
どんな職業にも言えることですが、収支を把握し、きちんと管理できなければお金は貯まりません。ですが、医師は多忙でなかなかそれができないため、金銭のコントロールが上手くできそうな女性が好まれる傾向にあります。

ワンオペ必須?一人で子育てをする覚悟がある

医者の妻となった場合、夫が激務のため子育ても一人ですることは想像がつくことですが、ハイステータスを求める相手が、子供にも自分と同じくらいの賢さを求めることも。
子供の学力向上には、母親の努力がかかせません。より良い環境で学習ができるよう情報収集をしたり、塾への送り迎えや、食事面での健康サポートなど、常に気配りをして支える必要があります。
普通に子供を一人で育てることも大変なのに、並以上の学力も育てるとなるとプレッシャーがかかることです。
しかし、その覚悟があれば結婚相手として見てもらえる可能性があります。
教育に興味があるといったアピールをするとより効果的でしょう。

美人じゃないとダメ?医者に選ばれるには、自分磨きをしっかりとしよう

これまでご紹介してきたように医者と関わりあうことはメリットが多く、お近づきになりたいと思う人は、老若男女多いものです。
なかには、既婚者であることも構わずにアプローチしてくる女性もいます。
夫も、妻に魅力がなくなってしまったように感じているとより魅力的な女性のアプローチにこたえてしまうことも。
そのため、妻という立場になるのであれば「動じない心」と「魅力的な外面を保つこと」はとても大事といえます。
医者の妻には美人が多い、と言われる所以はここにあるのかもしれません。

出会う段階ですごい美人である必要はありませんが、自分自身の強味を知っていたり、向上心を以て美人であろうとする姿勢は魅力的に映るものです。
もし、医者に結婚相手としてアピールするならば、そういった気概を持つことが大切と言えます。

しかし、美人なだけでは医者の妻は務まりません。
医師である夫との会話がより良いものになるように自分の知識や賢さも磨かなくてはいけません。
特に、学会での付き合いなどがある場合は語学力が必要になることも。
臨機応変に自分を向上させることができる魅力的な女性こそ、結婚相手の条件としては大きなポイントになります。

彼氏が研修医!結婚相手としてアリ?

医者の卵として扱われる「研修医」期間というのをご存知でしょうか。
名前は知っていても、内情はよくわからないという方も多いかと思います。
彼氏が研修医だった場合、ゆくゆくは医者と結婚するということにつながるのでしょうか?
その時期や注意点などを説明します。

研修医の期間は経済的にも大変

一般的に研修医の月給は30万円以上となっていますが、実はこれはあくまでも基準です。はっきりと決まっているわけではありませんので、研修先によって違うのが実情です。
公立病院で30~40万、民間病院で50万円以上支払われているようです。

しかし、研修医は正職員でない場合が多いため、社会保険・厚生年金には加入できない上、ボーナスも出ません。個人事業主と同じような待遇のため、福利厚生の恩恵は受けられず、自分自身でで健康保険や国民年金に加入する必要があります。

ただし研修期間が終われば正式に職員として採用されます。そこから待遇がぐっと良くなります。
それまでは、経済的にもかなりつらい時期を過ごすことになるのが一般的のようです。

研修医は多忙!どのくらい続くの?

順調に18歳で大学の医学部へ入学し、6年間の医学生、国家試験に合格し病院で2年間の研修医生活、さらにその後3年間は後期研修医として勤務します。よって、どれだけスムーズに試験などをパスしても29歳までは研修医としての扱いになります。

しかし、夜間や休日の呼び出しは医者の実務並みで、さらに勉強もしなくてはいけないため自分の時間は少ししかとれません。
彼女としては、彼氏に会えないことは寂しいのですが、ぐっと耐えなくてはいけない期間になります。

もし研修医の期間に結婚するなら、知っておきたいこと

研修医は激務のため、無理してこの年代に結婚しなくてもいいと考えがちですが、あえてこの時期に結婚を選択するカップルも。
理由は、結婚式の招待客がシンプルに済むからです。研修医2年目の終盤、丁度26歳前後で少し研修も落ち着いたころであれば、招待客の人数も少なくて済みます。
しかし、研修終了後には病院の上層部含め大勢の人を招待する必要があります。規模も大きくなりがちな上、費用もかさみます。彼氏側に招待客の人数を合わせなくてはいけなくなることも。
もし、コンパクトに挙式をしたいと考えているならば早めに相談し、手を考えておくのが良いでしょう。

研修医は激務ですが、そこを乗り越えれば医者としての人生が待っています。
彼氏が研修医だと寂しい、という不満は尤もなのですが、今後医者と出会える可能性がどのくらいあるのかもふまえ、耐える時は耐え、彼氏を支えることに集中しましょう。
やがて共に支えあうことのできる存在として認められ、医者の妻も務まるのではないでしょうか。
幸せをつかむのはその先の話ですが、まずは第一歩として前向きに取り組めたらいいですね。

結婚するにはどこで出会う?婚活で医者と出会うにはここがおすすめ

医者の妻になるには、まず彼氏となってもらわなくてはいけません。
しかし、日常でお医者さんと深く知り合うことはなかなか難しいことです。
学生時代からの知り合いであったり、自分も同業であるといった以外で婚活で出会うことはできるのでしょうか?
ここでは、その可能性についてご紹介します。

女性でも高い参加費!医師限定のお見合いパーティに参加する

婚活市場には男性医師だけと出会えるお見合いパーティーがあり、とにかく医者と知り合いたい!と思っている女性は参加必須の機会となっています。

ただし、女性の参加費は平均10,000円と非常に高額になっているのが特徴です。
一般的なお見合いパーティは女性のほうが参加費が安いのですが、こういったパーティでは男性のほうが参加費が安い場合が多いです。
しかし、男性が参加するには資格証明が必要なため、身分詐称などの心配はなく、安心して参加できるパティーと言えます。

また、お見合いパーティに参加する割合は、20代~30代ごろの若い医者が多いというデータも。
若い医師と出会いたければ、婚活パーティーは狙い目という事になりますが、逆に上の年齢層を狙うにはお見合いパーティは不向きかもしれません。

プロのアドバイスを受けられる 結婚相談所を使う

医師は多忙のため、お見合いをする時間や、パーティに参加する時間もないといいます。
参加するだけではなく、女性を見極めたり彼氏として連絡をしたりしてデートを重ねるのは大変ですよね。
そこで、紹介型の結婚相談所へ婚活を丸投げする男性も。
結婚相談所の場合は、コーディネーターと言われる人たちがマッチングしそうな相手を見つけてくれるため、スムーズに話が進みやすいことから婚活をしている医師には使う人が多いそうです。

また、女性側にも結婚相談所を使うメリットがあります。
身元をきちんと示す書面はもちろん、収入証明も提出義務があるため、自分の希望を伝える時は年収の高い医師のみをピンポイントで選ぶことが可能です。また、狙った男性とマッチングするためには、あなたが適切な存在なのかどうかの判断や、不足点があれば婚活のプロがアドバイスしてくれます。

医者と結婚できるチャンスはあり!幸せを逃さないためには……

どんなに美人で賢い女性でも、出会う場所がよくなければいいご縁につながりません。
ご紹介したようなお見合いパーティや紹介所を活用するのはもちろん、知人を通してのお見合いなども積極的にしていくのが最良といえるでしょう。
 

医者と結婚して、幸せになるためのポイント

  • 研修医の彼がいるなら、今は耐えて支える
  • これから出会いを探すなら、プロのアドバイスも上手く使って
  • 結婚後も幸せになるには自分磨きが大切!内面も外面も磨きましょう

まとめ

医者と結婚するには、美人なだけでは務まりません。
賢さや深い懐、さらなる向上心というものが必要になるといえるでしょう。
お金の面では幸せになれるということは間違いなさそうですが、意外と制約やプレッシャーの多い生活を、楽しめる性格でないとなかなか医者の妻は務まらないようです。

何よりも、結婚は相手の幸せも祈ってこそです。
夫婦として生きることを考えた時、医者である結婚相手に何をしてもらえるか以上に、自分が相手に何ができるか考えてみることが大切になってくるでしょう。

人気の記事

人気のある記事ランキング

新着一覧