結婚祝いのプレゼントに包丁はOK?喜ばれる包丁の贈り物マナー

結婚祝いのプレゼントに包丁はOK?喜ばれる包丁の贈り物マナー

6月は結婚式が最も多い月とされているのは皆さんもご存知ですよね。身近で結婚する人がいるとき、プレゼントで悩んだりすることも多い時期かと思います。近年、「包丁」をプレゼントされる方が増えています。ではなぜ「包丁」が選ばれているのか、ご紹介していきます。

2018年04月02日

結婚祝いに包丁はプレゼントしてもいいの?

結婚式って色々なしきたりがあるので、言葉や物でも不吉なことを連想させるようなものはNGとされています。
では、「刃物」は結婚祝いの品として適切なものなのでしょうか。

結婚式での基本的なマナーとは?

実は「包丁」は「切れる」や「割れる」などの言葉が連想されるため、贈り物としてはあまり良いものではないとされていました。

本来の「包丁」の意味合いとは…?

しかし本来の「包丁」の意味は「災いを断ち切る」や「未来を切り開いていく」などのいい意味がこめられているので、実は結婚式にはうれしいプレゼントなのです。

包丁を贈る際のマナー

近年、結婚をする2人へのプレゼントは2人の欲しいものをプレゼントしようという方が増えてきているようです。
確かにもらう側も欲しいものをプレゼントされれば嬉しいものですし、あげる側も喜んでくれるものをプレゼントできるのでwin winな関係であるとも言えます。

「包丁」をプレゼントすることに対しての悩み

「包丁」をプレゼントすることに悩んでいるという方はまずはお相手に伺ってみるのも大事です。
実際問題、自分たちで悩んでいるよりももらう側にとっては持って嬉しいものだったりもするのです。

結婚後の2人の生活を聞いてみる

そもそも2人の結婚後の生活で「包丁」が必要になるかどうかも変わってきます。
どちらかが家で料理をする頻度が高いのであればおすすめの贈り物ではあります。
ですが、もし仮に料理をする頻度が低いのであればおすすめではありません。

包丁にはさまざまな種類がある!?

普段料理をする人はご存知かと思いますが、包丁にも種類がたくさんあります。
なのでどの包丁をプレゼントしてあげたらいいのかわからないという人も少なくないと思います。
近年、出刃をプレゼントされる方が増えてきていますが、もちろん、出刃にこだわる必要はありません。
2人が結婚後によく使うであろう種類をプレゼントしてあげることが重要です。

おすすめ包丁ブランド

「包丁」にもさまざまなブランドが存在しています。
有名どころもたくさんあるのでどこのものをプレゼントしたらいいのかわからないなんて方も多いはず。
今回は「ヘンケルス」や「グローバル」を中心に紹介していきたいと思います。

プレゼントに最適①「ヘンケルス」

「ヘンケルス」の包丁の切れ味や長持ちさを知っている人も多いかと思います。
様々な種類の包丁があるのはご存知かと思いますが、中でもおすすめの包丁は「三徳包丁」です。
家庭でもよく使われているとてもポピュラーな包丁の1つで、肉・魚・野菜など様々なものを切ることができるのでとっても万能な包丁です。

さらにABS樹脂を使っていることもあり、軽量なのはもちろんのこと。
衛生面にも優れているのが特徴です。

値段は4320円。
さらに「ヘンケルス」の公式サイトで購入するとポイントもつくので倍お得です。

プレゼントに最適①「グローバル」

「グローバル」と言われても分からない人も多いかと思いますが、「GLOBAL-IST」のことを指しています。
中でもおすすめの包丁が「万能19cm」という名前の包丁です。
右利きの人でも左利きの人でもスムーズに使うことができるのでますますおすすめです。
 

大きさは全長32センチ、刃渡りは19センチ、刃幅4.5センチ。
さらに重量は175グラム。
重さはそこまで軽くはありませんが、長持ちするものは重さも重かったりもします。
 

値段は税込みで10800円です。
オプションで「レーザー名入れ」や「打刻名入れ」もできます。
レーザーは1080円、打刻は864円かかります。

名入れのできる包丁

良い包丁を購入すると、一生同じ包丁でまかないきれる可能性も出てきます。
そう考えると包丁に名前を入れて一生ものにしたいと思う人も多いのではないかと思います。
ですが、どんなものにでも名前を入れることができるわけではありません。

では、その中でもおすすめの名前を入れることができる「包丁」をご紹介していきます。

名入れができる包丁①

先ほども紹介した「グローバル」です。
このグローバルは名入れの方法が2種類あります。

グローバルで名入れ①「レーザー名入れ」

レーザー名入れは刃渡りの根元付近に筆記体で名入れをしてくれるサービスです。
筆記体ということもあり、洋風でとってもおしゃれな仕上がりが特徴です。

グローバルで名入れ②「打刻名入れ」

打刻名入れは刃渡りの根元に漢字で若干の打ち込みが入るサービスのことです。
レーザーが洋風なのに比べると打刻は日本らしいものだと言えます。

包丁をもらったら5円を返す?

この方法には2種類の意味合いがあり、2種類の使い方があります。
包丁をプレゼントする上でとても重要なことになってくるのでご紹介していきたいと思います。

結婚が破断にならないように

1つ目の意味合いは結婚祝いでプレゼントする際にプレゼントをする側が送るときの注意点です。
これには、包丁と一緒に赤い糸にくくられた5円玉をつける方法です。
包丁には「縁を切る」などの意味合いが少なからずあるのでその意味合いを消すために、5円玉をつけ、「2人のご縁は赤い糸で結ばれている」という意味合いに置き換えます。
 

いい結婚相手に恵まれますように

包丁をもらった後に相手に赤い糸をくくった5円玉を返す、という方法です。
この方法をつかい、結婚した2人だけではなく相手の人にも幸せになってほしいという気持ちを伝えることができます。

まとめ

結婚祝いに「包丁」を贈るのも良し、贈る際にはマナーを守り喜ばれるプレゼントを贈ることが出来たらいいですね!

関連する記事

人気の記事

人気のある記事ランキング

新着一覧