<兄弟の結婚>お祝いを渡すタイミングやご祝儀相場を解説

<兄弟の結婚>お祝いを渡すタイミングやご祝儀相場を解説

兄弟の結婚が決まると、まず考えるのは結婚祝いについて。友人と兄弟間での祝い方には、微妙な違いがあります。 一生の内に数回しかない兄弟の結婚を身内としてどう祝うべきか?いざという時、慌てずに結婚祝いが出来る様にする為にも、大人のマナーを学んでおきましょう。

2018年04月08日

兄弟が結婚 !おススメのお祝い品とは?

一般的に、兄弟・親族間での結婚祝いは、「ご祝儀」といった形で手渡されるものです。しかし、近年では堅苦しい結婚祝いは無しにして、代わりに「プレゼントの品」として、お祝いされるケースも出て来ました。
さらには、ご祝儀にプラスしてプレゼントを手渡すケースもあるようです。

結婚式自体も多様化してきて、今時の「結婚祝い」の形が生まれつつあります。選択肢が多過ぎるあまり、逆に悩みの種になるのも現実です。

では、大切な兄弟・姉妹の結婚祝いを皆さんはどの様なものをプレゼントされているのでしょうか?

ご祝儀無しの場合

ご祝儀の相場の金額と同等の品を選ぶ事が多い。
あると便利だけど、高額でなかなか手が出せない様な家電・インテリア等。

ご祝儀+プレゼントの場合

既にご祝儀を出しているので、金額的には小額になる。
その予算内で買えるプレゼント。

いずれにしても、相手側が望む品を結婚祝いとして選ぶ必要があります。購入前に、希望を聞いておくようにしましょう。

贈る時期は?

ご祝儀渡すタイミングは、結婚式の参加当日に受付をした時が一般的です。しかし、家族・親戚等の身内の場合は、式当日よりも前に渡す事が多いようです。

その理由は、式当日主役の二人はとにかく忙しく、ゆっくりと話す時間がありません。それを避ける為に前もってお祝いを手渡すようにしているのです。
また、結婚祝いの品として何かプレゼントをするにしても、式の会場で手渡されたら荷物が増えてしまい、手間を掛けさせてしまう事になります。

兄弟・身内であればお互いに連絡を取り合い、ベストな日に余裕を持って直接、結婚祝いを手渡しする事が理想です。

兄弟が遠方に住んでいて会えない場合は、郵送でも大丈夫です。ただし、必ず「現金書留」で送るようにしましょう。普通郵便では、事故で大切なご祝儀が届かない可能性があるからです。
中に、メッセージカードも同封するとサプライズで、喜んで貰えるのではないでしょうか。

結婚祝いを直接手渡す・郵送共に、式の1ヶ月位前を目安にスケジュールを立てる事をおススメします。

では、既に手渡した方は、当日の受付ではどうすればいいのか?
その場合は、「お祝いは渡してあります」という旨を受付の方に伝えれば良いのです。

直接・郵送のどちらも難しい場合は、他の参加者と一緒に当日の受付で渡すというのももちろん問題ありません。

贈るとNGなもの

日本では、古来からげんを担ぐ習慣があります。ことに、お祝い事に関しては様々な決まり事があり、それを知らずにいると相手に不快な思いをさせてしまう事があります。

結婚祝いに関する贈り物についても例外でなく、兄弟の大切なイベントをお祝いする為にも、事前に知識を身につけておきましょう。
 

消え物ギフト類

食べ物・洗剤・入浴剤等の使うとすぐに無くなり、「消えてしまうもの」です。「消える」という事は、「縁が消える→破談・離婚」をイメージする為、あまり好まれません。
洗剤等は、実用的で適している様に思えますが、避ける方が無難でしょう。

刃物類

「縁を切る」という言葉を連想させる為、一般的に結婚祝いの贈答品としては、向かないと言われています。新居ですぐに使うものである為適している様に思われますが、相手から包丁が欲しいと言われたとき以外、包丁そのものを贈る事は避けましょう。

割れ物類

食器類・ガラス製品等の割れ物類は、「割れる→縁が壊れる(破談)」という、不吉なイメージを与える事から結婚祝いに贈る事を避けられられる事が多いようです。

新郎新婦共通の趣味でない物

兄弟の新郎・新婦いずれかのみに希望を聞いての結婚祝いの品は、おススメしません。
新居で二人に使って貰える事が前提での結婚祝いです。二人共に使える物や喜んで貰える様な贈り物を選ぶようにしましょう。

兄弟の結婚 ご祝儀相場

友人の結婚式で、一般参列者として披露宴に招待される場合、ご祝儀は3万円が相場と言われています。

その内訳は、①料理・飲み物代で ・・・1~2万円
      ②引き出物で   ・・・・5千円前後
      ③お祝いの気持ち ・・・・残り

兄弟の場合、通常披露宴には必ず出席します。また、身内の立場という事でその金額以上を包む事になります。
ただし、どれくらい多く包むのかは、独身なのか既婚者なのか等・・・、結婚祝いをする側の立場により相場が違う為、一概には言い切れません。

初めてで見当も付かない場合、両親に聞いてみるのが一番良いでしょう。また、同じ様に参列する自分以外の兄弟がいる場合、相談して金額を揃えるのも良いかも知れません。大人になって疎遠になっていた兄弟同士が、別の兄弟の結婚を祝う為に交流が深まれば、最高です。

兄弟のご祝儀 独身の場合

学生で独身            ・・・・・・  3万円~

社会人で独身   ①社会人歴が浅い人 ・・・・  5万円~

         ②社会人歴が長い人 ・・・・  10万円~

 

「独身」と言っても、これもまた、様々な立場があります。年齢や収入等、置かれている立場に違いがあるからです。

まず学生は、そもそも学業が本業なので社会人よりは相場は低くなります。

また、同じ年齢でも結婚する兄弟に対して「兄・姉」であるか「弟・妹」であるかであっても、金額に多少の違いが出る事もあるのではないでしょうか。結婚する兄弟よりも「兄・姉」​​​であれば、目上の立場として少しは金額を張りたいと思う方が多いと思われるからです。
あるいは、「弟・妹」の立場の方が、親代わりの「兄・姉」の結婚祝いを出す場合等は、特別な思いもプラスされるかも知れません。

さらに同じ社会人でも、新社会人と勤続何十年のベテランとでは、収入・立場共に開きがあります。社会的立場や年齢でも多少左右される事でしょう。

大まかな目安は上記になるのですが、プラスアルファー(感謝、思い・・・)で結婚祝いの予算を決めてみましょう。

兄弟のご祝儀 夫婦の場合

夫婦で披露宴に招待を受けている場合、一般的に10万円が相場であると言われています。

さらに、子供も招待を受けている場合は、子供分の食事代として一人当たり1万円位を多く包むのが理想です。「子供」と言っても、中学生以上は大人と同じ扱いになるので、もう少し金額を増す事をおススメします。

例えば、食べ放題などの料金設定は、年齢ごとにおおよその分類がされていますよね。絶対的な決まりはありませんが、そういった枠決めも参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

少子化の現代において、兄弟の結婚を祝う事は、数える程であると言えます。その貴重な結婚祝いを成功させる為にも、最低限のマナーを身に付けておきたいものです。
「親しき仲にも礼儀あり」と言われる様に、身近な兄弟であるからこそきちんとした結婚祝いを贈りたいものです。そして、晴れの門出を祝福してあげて下さいね。

関連する記事

人気の記事

人気のある記事ランキング

新着一覧