バツイチ男性との再婚はどうなの?気をつけるべきポイントは?

バツイチ男性との再婚はどうなの?気をつけるべきポイントは?

好きになった彼がバツイチの男性だった場合、不安になる女性は多いでしょう。また、バツイチ同士の再婚の場合も前妻や元夫や子どもなどの関係も不安になることがあります。バツイチの男性との再婚を考えたときに気をつけるポイントについてご紹介します。

2018年05月05日

バツイチ男性との結婚は上手くいくの?

結婚しようとしている相手がバツイチ男性の場合、本当に大丈夫なのかなと不安になる人が多いようです。もちろん、バツイチの男性と結婚をしようと考えている女性本人が不安になることもありますが、あなた自身が初婚の場合は、男性がバツイチなので周りから反対されてしまったため不安になってしまうということもあるでしょう。

結婚した当初は愛しているから結婚したとしても、一緒に生活しているうちに気持ちがすれ違ってしまったり、どうしてもゆるせない部分ができてしまい、うまくいかなくなってしまうことはどの夫婦でも起こります。たとえ彼がバツイチだったとしても、たまたま前の結婚がうまくいかなかっただけで、あなたとの結婚生活もうまくいかないということではありません。

ただし、あなたが「相手がバツイチの男性だから結婚が上手くいかないかもしれない」と不安を抱えたまま結婚をしてしまうと、その不安な気持ちが原因で上手くいかなくなってしまう可能性があります。

まずは、この記事を参考にあなたの正直な気持ちを確認してみましょう。
 

再婚率は年々増えている

下記のグラフは、労働厚生省の平成28年度人口動態特殊報告「婚姻に関する統計の概況」を抜粋し、作成した再婚率の推移を表したグラフです。

※出典:厚生労働省 平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する」統計の概況 を元にデータを作成

グラフを見ると再婚率はほぼ横ばいのように見えますが、男性の再婚者の割合は、男性が初婚、女性が再婚の人数に比べるとかなり多く、この数字は徐々に増えている傾向にあります。

バツイチ男性との結婚、確認すべき事項は?

バツイチ男性との結婚を考えている場合、必ずしも結婚をやめた方がいいということではありません。まずは、不安の材料になってしまう以下の項目を確認してみましょう。

前の結婚については、あなた自身が聞きたくないと感じてしまうこともあるかもしれませんし、彼が話したがらない場合もあります。しかし、以下の項目の内容を知らなかったために、結婚したあとにトラブルになってしまう可能性もあります。バツイチ男性との結婚を考えている場合に大切なことは、事前にしっかりリサーチしておくことです。

あなた自身が幸せになるために、しっかり確認しておきましょう。

バツイチ男性との結婚の際、確認すべき事項

  • 子どもに関すること
  • お金(財産を含む)に関すること
  • 前回離婚の理由
  • 離婚の時期と婚姻期間

子どもに関すること

バツイチ男性との結婚で一番気になるのは子どものことですね。子どもはいるのか、親権はどうなっているのか、養育費はどうなっているのかなどをきちんと確認しておきましょう。離婚は成立していたとしても、奥さんが再婚を考えた時に彼が突然子どもを育てなくてはならなくなる可能性も考えられますし、養育費の金額などがわからなければ、これからの2人の生活にも大きく影響してきます。お金については聞きにくいかもしれませんが、大切なことなのでしっかり確認しておくようにしましょう。

お金に関すること

子どもに関するお金だけではなく、離婚の際は経済的な面で男性が負担している場合が多くあります。たとえば、マンションなどを購入した場合、離婚したときに購入したマンションは元妻に渡してしまい、残ったローンは男性が支払っている、年金などの受け取りの際にあとで元妻から年金を請求されるといったこともあります。

夫婦として生活する場合は、どちらが働いて稼いでいたとしても夫婦の共有の財産になります。離婚したときにお金に関してどのようなことを決めてあるのか、ということを確認するだけではなく、今後の2人の生活のことも含め、金銭管理をどのようにしていくのかを話し合っておくことはとても大切です。

 

前回離婚の理由

離婚の理由は聞きにくいという人もいるかもしれませんが、離婚の理由は必ず確認しておくようにしましょう。付き合っているうちは、おとなしく優しい男性が結婚したら性格が変わってしまった、浮気を繰り返していたなどの理由だった場合、同じことを繰り返してしまう可能性もあります。

離婚自体は決して悪いことではありませんが、お互いに幸せな結婚生活を長く続けるためには、離婚の理由は把握しておくことをおすすめします。


 

離婚の時期と婚姻期間

婚姻期間や離婚時期に関して把握しておかなければならない理由は、男性が何も取り決めをせず離婚をしてしまった場合、慰謝料請求は離婚後3年間、年金分割は離婚後2年間認められているためです。何も知らずにいると、突然慰謝料の請求や年金分割で元妻から請求される可能性があるということです。

突然、元妻から金銭的な請求が来るといったケースもあり得ますので、婚姻期間や離婚時期を確認しておくようにしましょう。彼が話したがらない場合は、「こういったケースがあるから不安を解消するために知りたい」ということを伝えてみると良いでしょう。

結婚や再婚をやめた方がいいバツイチ男性とは

バツイチの男性が悪いということではありませんが、「やめた方がいいバツイチの男性」はいるのでしょうか。こんな理由で離婚したバツイチの男性は、やめた方がいいかもしれません。
 

こんなバツイチ男性はやめた方がいい?

  • 浮気や不倫を繰り返していた
  • お金にだらしない
  • 結婚した途端暴力的な態度になった
  • 定職に就かない、または仕事が長続きしない
  • 極端にのめり込んでいる趣味がある(趣味にお金を使い過ぎる)

子持ちのバツイチ男性との結婚や再婚は何を気をつけるべき?

あなたが初婚だった場合、子持ちのバツイチ男性との結婚は、周りの人からやめた方がいいと言われることがあるでしょう。では、子持ちのバツイチ男性との結婚を考えるときは何を気をつけたらいいのでしょうか。

子持ちの男性の場合、子どもが元妻と一緒に暮らしているのか、男性と一緒に暮らしているのかでもかなり条件は変わりますが、もし子どもが男性(子どもにとっての父親)と一緒に暮らしている場合は、子どもがあなたを受け入れてくれるかどうかという点を一番気をつけなければなりません。


男性は、子どもにとっては実の父親ですが、あなたは子どもにとって母親ではありません。最初から子どもの母親になれるという気持ちを持つことはやめましょう。特にあなたが初婚の場合は、赤ちゃんを育てた経験がないまま母親にならなければなりません。前妻との子どもとの関係は、最初から母親になろうとはせずにゆっくりよい関係が築けるようにしていきましょう。このときあせりは禁物です。


また、彼とあなたとの間に子どもが生まれた場合、前妻との間の子どもと自分の子どもを育てることになります。特にあなたが初婚だった場合は、初めて赤ちゃんを育てることになります。生まれる前はわけ隔てなく育てる気持ちでいたとしても、生まれたあとに気持ちの変化が起きてしまう可能性もあります。


彼が子どもを引き取って育てている子持ちのバツイチ男性だった場合、彼との結婚を考える場合は慎重に自分の気持ちと向き合い、子どものことも含めゆっくり考えて決断するようにしましょう。

バツイチ男性との結婚や再婚は覚悟が大事

バツイチの男性と結婚や再婚をする場合、初婚同士で結婚するよりもさまざまな面で覚悟が必要だと言われています。では、具体的にはどのような覚悟が必要なのでしょうか。

親や周りの人に反対されることを覚悟する

バツイチ男性との結婚は、親や周りの人から反対される可能性があります。親は娘が心配なので、バツイチ男性との結婚に限らず心配をしたり、反対をされることはもちろんありますが、相手の男性がバツイチだった場合、さらに強く親や周りの人から反対される可能性があります。

反対されることは覚悟の上で、根気強く周りを説得する覚悟が必要になります。

元妻や子どもとの関係が継続されることを覚悟する

彼がバツイチ男性だった場合、元妻や子どもとの関係が継続されることは覚悟しなければなりません。夫婦は、離婚によって夫婦関係は終わっていますが、元妻との間に子どもがいた場合、男性は一生その子どもの父親ということです。

元妻が再婚をしていなかった場合、再婚を考えた時に子どもを引き取ってほしいという話が出ることも考えられますし、金銭的な援助が継続されることもあります。子どものことで相談に乗ってほしいなど、男性と元妻との関係がこのような形で継続される可能性もあります。

たとえ離婚が成立していたとしても、婚姻していたという事実は消えることがないため、元妻や子どもとの関係が何らかの形で継続されるという覚悟をする必要があります。

前妻と比べられる可能性があることを覚悟する

バツイチ男性は、結婚経験があるため、相手の男性や男性のご両親や親戚などから前妻と比べられる可能性があります。男性とはうまくいかなかったとしても、元妻と男性のご両親や親戚などとの関係が良好だった場合は、あなたと前妻が比べられてしまう可能性があります。

バツイチ男性との結婚を考える場合は、こういったことも覚悟しておく必要があるでしょう。

まとめ

最初は愛していたから結婚していた夫婦がうまくいかなくことはあるため、離婚やバツイチが悪いということはありません。しかし、一度結婚をしていたという現実があるということは、バツイチの男性と結婚を考えるときに、お互いに初婚で結婚するときにはない事情が発生してきます。

元妻の存在、子どものこと、金銭的なこと、周りからの反対などバツイチ男性との結婚を考える場合に超えなければいけないハードルはたくさんあります。

お互いに好きだから結婚したいという純粋な気持ちだけでは、避けては通れない問題があるということです。

とはいえ、せっかく好きになった人なのですから、あなたにも好きな人と幸せになる権利があります。ただし、好きという気持ちだけで安易に結婚してしまうことは避けるようにしましょう。

今回ご紹介した記事の内容を踏まえ、すべてを乗り越えて結婚したいのかまずはあなたの本当の気持ちと向き合ってみましょう。すべてを乗り越える覚悟さえあれば、幸せな結婚をすることができるのではないでしょうか。

Thumb再婚の結婚式はどうする?おすすめの結婚式プランは?
Thumbシングルマザーの再婚は幸せになれる?再婚相手選びのポイントは?
Thumb再婚して幸せになれるの?バツイチになった今考えておきたい「幸せ」の定義

新着一覧