婚姻届の住所はどうやって書けばいいの?正式な書き方を解説!

婚姻届の住所はどうやって書けばいいの?正式な書き方を解説!

婚姻届の住所記入方法は、ハイフンを使わずに番地・番・号を使用する必要があり、複雑で悩む方が多いでしょう。この記事では、住所記入についての注意事項やイレギュラーな場合の対応についてまとめています。参考にしてスマートに婚姻届を記載しましょう!

2018年05月19日

迷う人も多い婚姻届の「住所欄」

婚姻届住所欄は、普段書いているハイフンを使用する住所の書き方では受理されず、番地・番・号などを正しく使用して書く必要があるため、悩まれる方も多いですよね?婚姻届は特別な記念日に出したい方もいるでしょうし、その日が役所の閉庁日であれば、より確実に受理をしてもらうためにも間違いのない住所記入をしたいところです。

そこで当記事では「住所記入の注意点」についてご紹介していきます。参考にして正確な住所記入を行うことで、訂正のないきれいな婚姻届を提出しましょう。

婚姻届に書く住所 注意事項は?

婚姻届の住所を記入するときの注意事項は以下です。ポイントを押さえて、正確な住所を記入しましょう。

婚姻届は住民票に登録されている住所を書く

住民票の住所について

  • 婚姻届提出日に住んでいる住所(住民票登録住所)を正確に記載すること
  • 婚姻と同日に新住所に住み始める場合は、先に住所変更をして、婚姻届には“新住所”を記載すること

婚姻届の住所欄は、住民票に登録されている住所の記載と同様に書く必要があります。戸籍と住民票の内容は一致するように定められているからです。
戸籍と住民票の違いは、戸籍は夫婦や親子関係を記載した公的な台帳で、住民票は個人単位の記録(氏名、生年月日、性別、世帯主との続柄、住所、本籍)です。

注意して頂きたいのが、婚姻届提出日に2人が新住所に住み始める方は多いかと思います。その場合には、婚姻届の提出前に住民票の住所変更が必要です。流れは以下です。

  1. 先に住んでいる市区町村の役所にて転出届を提出し、転出証明書を受け取る
  2. 新住所の市区町村の役所にて1.で受け取った転出証明書と転入届を提出
  3. 婚姻届(新住所で記載)を提出
 (※同じ市町村内での引越しの場合には婚姻届提出前に「転居届」を提出します。(転出届・転入届は不要))

婚姻届提出前にすでに同棲をしている場合や、婚姻後しばらく同居をしない場合は、入籍日当日に住んでいる住所(住民票登録の住所)を記載すればOKです。住民票の本籍地や世帯主との続柄は、婚姻届を提出すれば自動的に変更されるため、住所変更以外に自分で変更手続きを行う必要はありません。
 

ハイフンではなく番地を入れる

住所記入の決まりごと

  • 住民票記載の内容に従い、ハイフンは使用せず番地・番・号を用いて住所記入をする

住所の書き方の注意点は、ハイフンではなく番地を使うことです。婚姻届の住所記入欄には、元から番地・番・号と印字されています。住民票記載の住所と同じに書く必要があるので、住民票に番地・番・号の記載がない場合には一本線で消して書き進めましょう。
よく簡略化するためにハイフンを使用して、「○-○-○」といった住所の書き方をしますが、婚姻届では住民票に載っている「○丁目○番○号」という記載方法で書きます。ハイフンで書いた場合には訂正しなければならなくなるので、注意が必要です。

参考:群馬県邑楽郡板倉町の婚姻届記入見本

マンションやアパート名も記載する

マンション・アパート名記載のコツ

  • 住民票にマンション・アパート名が記載されている場合は婚姻届にも記入
  • “号”の上当たりに左寄せで書く
  • 細字のボールペンを使うことをおすすめ

マンションやアパートに住んでいる、もしくは入籍後住む方も多いかと思いますが、マンション・アパート名や部屋番号まで住民票に載っているのであれば、婚姻届にも同じ内容を正確に記入します。住民票に載っていない場合は、書く必要はありません。
婚姻届の住所記入欄はスペースが狭いのが難点ですが、「号」の上当たりのスペースに詰めて書きます。細かい文字を書きやすいように、細字のボールペンを使うなどして乗り切りましょう。
ちなみに2人とも同じ住所なのであれば、妻になる人は「左に同じ」や「夫と同じ」と書けばOKです。

イレギュラーケースの場合はどう書く?

続いて、質問サイト等で過去に多くの質問があった、住所記入に関するイレギュラーケースの対応について見ていきましょう。

婚姻届に旧住所を間違えて書いてしまった

婚姻届提出と新住所への変更を同日に行う場合には、婚姻届の住所欄には新住所を書きます。旧住所を間違えて書いてしまった場合の対応は、役所が開庁中に婚姻届を提出するのであれば、そのまま提出して役所員の指示に従います。(二重線・訂正印・余白に新住所記入の対応になるケースが多いです)

ただし、役所が閉庁中であれば、同日に住所変更はできない(住所変更は職員が行うため後日の対応になる)ため、婚姻届は住所異動前の旧住所のまま提出して、後日あらためて住所変更手続きを行うために役所へ行くことになります。

マンション・アパートの住所(住民票記載)にハイフンが含まれている

「○丁目○番○○-101号」のように、アパートやマンション名が記載されずにハイフンで表す住民地の登録方法があるようです。そういった場合は、アパート・マンション名を書くべきなのか、ハイフンを使ってよいのか悩むでしょう。
この場合も、住民票の記録と同じの内容を書けばよいので、アパート・マンション名は省略し、ハイフンも使用して住所を記入することになります。

婚姻届の保証人欄の住所にハイフンを使われてしまった

婚姻届の保証人欄を記載してもらうときに、ハイフンを使った住所記入をされてしまった場合についてです。実際に経験した人の対策を伺ってみると、「訂正印を持っていけば役所の職員が書き直してくれた」「保証人のところはハイフンを使っても大丈夫のようで、受理された」という意見が見られました。

保証人の人に再度書き直してもらうのは気をつかいますよね。保証人の住所欄についての対応は地域によって変わるようですが、役所へ提出するときに訂正用の印鑑を持参すれば安心でしょう。

〇〇県〇〇市〇〇区の部分が住民票に書かれてない場合

住民票の住所が、都道府県および市町村の部分が省略されて、それ以降の住所のみが記載されていることがあるそうです。「婚姻届に書くときも省略して書くべきなの?」という疑問がわきますが、住民票は下部に○○県○○市○○区長といった公印が押されているため省略されているそうです。
よってこの場合は、婚姻届の住所欄には都道府県・市町村の記載は省略せずにきちんと記入しましょう。

別居婚のときに書く住所はどうすればよいの?

入籍してから数年間は別居生活を送る予定で、婚姻届にはどのように住所を書けばよいのかという相談でした。婚姻届の住所は住民票(住居登録地)と同じでなければならないので、入籍日の時点で住民票登録している住所を記載します。
“別々の住所で入籍ができるのか”と、疑問に思う方が多いようでしたが、お互いの住所がどこにあろうと婚姻の手続きへの影響はないのです。

まとめ

婚姻届は、間違いがあれば役所員の指示の元、訂正印及び修正記入を行います。でも2人の大切な婚姻の証だからこそ、できれば訂正のないきれいな婚姻届を提出したいですよね。
そのためには、見本をしっかり参考にしながら書いたり、婚姻届提出日前に役所へ出向き内容に不備がないかを職員にチェックしてもらうなどの対策を取ることがベストといえます。
2人の大切な婚姻の日だからこそ、当記事でご紹介したことを参考にして、スムーズな手続きを行えるようにしましょう!

もっと婚姻届の情報について知りたいアナタへ!

その他の婚姻届に関する情報もチェックして、スムーズに婚姻手続きを行いましょう!

Thumb日曜日でも婚姻届は受理してもらえる?土日祝日の提出ポイントをチェック
Thumb婚姻届に必要な印鑑はどれ?書類提出に必要なハンコを解説!
Thumb婚姻届はどこでもらえるの?ダウンロード方法をご紹介

新着一覧