こんな自分は結婚無理!結婚できない?できる?適性をチェックしよう

こんな自分は結婚無理!結婚できない?できる?適性をチェックしよう

結婚したくても、自分には無理なんじゃないかと不安だし、そもそもどんな相手ならいいの?無理かも、出来ないかもと心配になってしまう方もいるのではないでしょうか。どうしたら結婚できるんだろうという不安を解消するために、自分の適性チェックをしてみましょう!

2018年05月27日

こんな人と結婚は無理?どんな相手を結婚相手に選ぶべき?

「結婚したい!」
多くの人が夢見る結婚。大好きな相手と、あたたかな家庭を築いて幸せに過ごす…
でもそのためには、どんな人と結婚するのが理想なのでしょうか?
今お相手がいる方は「この人でいいのかな?」と悩んだり、お相手がいない方は「こんな人がいいけど実際は不可能なんじゃ…」なんて考えてしまいますよね。
実際に結婚した人は何を決め手に結婚したのかピックアップしてみました!

金銭感覚が同じ

結婚する=資産を共有するということなので、金銭感覚が異なると喧嘩などの原因になってしまいそうですよね。無理やり合わせていても、お金に関わるところは合わせていくのが現実的に一番難しいポイントとも言えます。

価値観が合う

よく離婚した理由に挙げられる「価値観の不一致」。
他人なので当たり前かもしれませんが、やはり最低限は合わないと長続きしないのでしょう。

笑いのツボが一緒

同じものを見ても相手は爆笑、自分は「なんでこの人はこんなに笑っているんだろう?」と思ってしまうことってありますよね。
やはり同じことを共有するという意味でも、笑いのツボは同じ方がより楽しめる関係でいられるでしょう。

共通の趣味がある

折角休日が重なり二人の時間ができたのに、お互いの趣味が違うと別行動になることもあります。
もちろん毎回共にすることはないのですが、共通の趣味を通じて二人の思い出づくりとともに、仲も深まることでしょう。

ずっと一緒にいて違和感や無理がない・楽

合わせようとして頑張ったり、無理したりを続けていくと疲れてしまいますよね。
やはり長い人生を共にするのですから、自然体でいられる相手が望ましいです。

性格の相性がいい

自然体でいられることと通じていますが、なによりも自分に合っているということ。
一緒にいる上で、長続きする大切なポイントですね。

包容力がある・器が大きい

細かいことを指摘されたり、喧嘩になったときも引きずったりでは疲れてしまいます。
やはり人間力として欠かせない部分でしょう。

尊敬できる

長年一緒にいることで見えてしまうお互いの「嫌なところ」。
それをカバーできるのが「でもこの人はこんなところがすごい」という尊敬している部分。
やはりパートナーなのですから見下しあうよりも尊敬しあえる関係が素敵ですよね。

家事ができる

女性の多くが家事を担うと思うのですが、男性からすると「家事はしっかりやってほしい」という気持ち。
また女性側からすると「なんで私ばっかり」「手伝ってよ」と思ってしまうもの。
自立した大人なのですから、家事は最低限身に着けていてほしいですね。
またお互いを思いやる気持ちを込めて、どちらかに押し付けるのではなく手伝ってくれるかも重要です。

安定した職業で、将来性がある

やはり老後は不安なもの。
いつまでも非現実的な夢を追いかけるのではなく、地に足ついたパートナーがいいですよね。
目標を持つことは大切ですが、しっかり計画性のある、将来を考えた行動をしているか見極めた方がいいでしょう。

その他にも夫として妻として求める部分もいくつかありますが、いかがでしょうか。
見た目や年収など、付き合うときのポイントとは違っているようです。
結婚してからずっと一緒にいることを重視した内面のポイントが多いですね。

自分に結婚は無理かもと不安

結婚相手に対する条件や決め手は、女性目線からすると出産・育児があるため、金銭的な理由として「安定性」も求めるようです。
しかし見た目や高収入などを求める人は少なく、「この人とだからこの先の人生一緒にいられる」といった内面的な理由が多かったですね。

そもそも自分自身が結婚できるか不安な方が多いようです。
「結婚できない男」というドラマがありましたが、晩婚化が進んで、独身のまま仕事や趣味に打ち込みたいという人も少なくないはず。

そして結婚する資格がない、と考えている人も多いようです。
35歳になっても結婚できないなんて…という方もいますが、正直年齢は関係ありません!
何が不安なのか?その不安は思い込みなのでは?
ポイントごとにみていきましょう!

●●な人は結婚できない?

Tさん

(38)

年収が低いので、結婚生活が心配。

主に男性のお悩みになるでしょうか。
お相手が年収をスペックととらえている場合、年収が低いことはネックになりますよね。
お相手次第とはなりますが、年収200万円以下の方でも結婚はされています。
「私が全て支えるわ!」という女性は少ないかと思いますが、共働きの家庭も増えておりますし、何よりも年収を今後あげるために頑張る姿勢が一番大切です。
現状に甘んじているだけでは女性から見た魅力は低いでしょうが、今の年収が低いことは重要ではなく、「これからどうしていくか」を女性は見ているものです。

Iさん

(25)

学歴が高校卒なので、選ばれるか不安。

こちらも主に男性でしょうか。
年収と同じくお相手次第ですが、IQが同等のほうが会話は弾むものなのだそうです。
学歴が低い≠IQが低いということではありませんが、お互いの価値観や思い出話に花を咲かせたいなどがあれば同じ経験をした方がいいこともあります。
なので極端な例ではありますが、自分が中卒だけれどお相手は有名四大卒という場合、よほどお互いの相性がよくないと長続きしないのかもしれません。
もちろんお互いの相性次第なので、尊敬しあえる関係が一番ですね。

Yさん

(28)

ブスといじめられたことがあり、自信がない。

外見コンプレックスはほとんどの男女が持っているものです。
ただ過去の出来事によっては自信をなくしてしまいますよね。
しかし、外見に関係なく結婚している人が多いのも事実です。
「ブスだから」「デブだから」「チビだから」「ハゲだから」と言わずに、清潔感があり笑顔で行動力のある人たちは次々結婚していきます。
コンプレックスを理由に見た目を気にしないのではなく、清潔感のある身なりを整える努力が必要です。
これはコンプレックスがない男女でも共通ですよね。
あとは笑顔と、行動力。安心してください、結婚している先輩たちはたくさんいますよ!

Nさん

(36)

35歳を超えているため相手がいない。

晩婚化がすすんできたとはいえ、30歳を越えると親からのプレッシャーが…という方も多いでしょう。
35歳まで結婚しない理由は様々にありますが、今お相手がいない方の特徴に共通する理由として「お相手への条件が高望み」ということがあげられます。
特に年収や相手の年齢、自分より上がいいという方も多いことでしょうが、もっと視野を広げた方が相手も見つかりやすいものです。
ちなみに36歳のバリキャリの女性で、婚活パーティーではなくて同じ会社の後輩(自分より年収も年齢も下)の男性とめでたく結婚された例もあります。
最初は「自分のほうが年上だし…」と思ったそうですが、お相手からは魅力があり、将来のことを考えていく内に気にならなくなっていったそうです。
自分磨きも大切ですが、ぜひ条件で選ぶのではなくいろんな方との可能性を考えてみてください。

こんな人は避けたい!結婚に向かない人

彼氏・彼女のことがどれほど好きでも、結婚を意識したときに「この人で大丈夫なのかな」と心配になりますよね。
もしあなたのお相手が、結婚に向かない人のポイントに当てはまったら注意が必要かも?
あわせて、自分もそんな風に見られていないかチェックしてみましょう。

お金の管理ができない

お金の管理ができないと、結婚してからもお金にだらしなさそうですよね。
金銭間隔が同じことも大切ですが、お相手の金銭管理能力をしっかり見た方がいいでしょう。

ギャンブル好き

特に男性には、ギャンブル好きな人も多いです。
独身のときや、おこづかいの範囲でならいいのですが、生活費まで使ってしまうほどのめり込んでしまう場合は、考えたほうがいいかもしれません。

イケメン・美人

イケメンや美人と付き合いたい!と思う人も多いのですが、結婚に向かないという意見もあります。モテすぎる旦那さん・奥さんを持つと、何かと苦労が多いようです。

趣味にのめり込む人

趣味を持つことはいいことです。
二人共通の趣味であればいいと思いますが、没頭しすぎて時間もお金も費やしてしまうのは避けたいですよね。

自己中

自分のことしか考えられないようなお相手だと、結婚生活はうまくいかないですよね。
相手を思いやることを大切にしたいポイントなので、気をつけましょう。

細かいところを指摘する癖がある

神経質・完全主義・潔癖症などの特徴があると結婚に向かないと言われています。
ドラマ「結婚できない男」の阿部さん演じる役も、こういった性格でしたね。
夫婦であっても合わないことが多々ある中で忍耐が必要になりますが、自分の価値観を押し付けてしまうと喧嘩に発展し、離婚のきっかけになることもあります。
お互いを受け入れられるくらいの方が結婚に向いているでしょう。

相手に求める条件が高望み

年齢が上がるに連れて、相手へ求める条件もシビアになっていく傾向があります。
独身女性の場合、「イケメンで背が高くてスタイルが良くてオシャレで正確も完璧で年収が1千万円以上」を求める場合、まず条件に当てはまる人を見つけること自体が難しいですよね。

結婚は無理じゃない!相手をしっかり見極めることが大切

いかがでしたでしょうか。
いくつかあげさせていただいた項目に自分が当てはまった・当てはまらなかったからといって、結婚する資格がないということでは決してありません。
結婚したいのであれば待っているだけでは難しいかもしれませんが、行動あるのみです!
また相手の性格や行動を変えるのは困難でしょうけど、自分を変えることは不可能ではありません。
まずは愛してもらえるような自分磨きと、結婚に向けた行動に挑戦してみてくださいね。

人気の記事

人気のある記事ランキング

新着一覧