結婚失敗したくない!後悔しない結婚をするために

結婚失敗したくない!後悔しない結婚をするために

結婚したいと考えたことがある人なら、「誰もが結婚で失敗したくない」「後悔したくない」と考えているでしょう。そもそも結婚で失敗するとはどういうことなのでしょうか?後悔しない結婚をするためのポイントをご紹介いたします!

2018年05月27日

結婚を失敗しないために

付き合っている彼との結婚を考え始めると、早く結婚したいという気持ちと、ほんとにこの人と結婚して大丈夫なのだろうか、失敗しないだろうかという両面の気持ち出てくる人も多いのではないでしょうか。結婚は、恋愛とは違い、これから夫婦として生活をしていくことになります。できれば結婚で失敗したくない、一生添い遂げたいと考えるのは当然の気持ちですね。

結婚が成功するとはどんなことなのか、また「結婚生活がうまくいかない」と感じてしまう事例にはどのようなことがあるのかなどをご紹介します。この記事を参考に結婚を成功させ、後悔しない結婚をするための参考にしてみてください。

一緒に暮らし始めて知る理想と現実との違い

この結婚は、失敗だったかもしれないと感じてしまう状況とはどんなことがあるのでしょうか。恋愛期間は、お互いに別々の生活をしている人がほとんどです。そのため、結婚をして一緒に生活をするようになって初めて相手のことを知ることもたくさんあります。

良い面を知るのであれば問題はありませんが、他の人から見るとたいしたことはないと言われてしまう内容だったとしても、毎日のことなので相手のちょっと気になってしまったことが、お互いにストレスの原因になり結婚生活がうまくいかないことがあります。

また、お互いに相手はこういうときはこういう反応をしてくれるだろう、こういうときは手伝ってくれるだろう、こんな行動をしてくれるだろうということが、自分の(理想として)考えていたことと相手の行動がまったく違う反応だった場合も、こんなはずじゃなかった、この結婚は失敗だったと感じてしまうこともあります。

結婚をしてこんなことを感じてしまった場合は、この結婚はうまくいかない、失敗だったと決めつけてしまうのではなく、お互いに歩み寄り、うまくやっていくためのコミュニケーションを心がけましょう。こういった行動は、失敗を成功へと方向転換することにつながります。

結婚する前に確認しておいた方が良いこととは?

恋愛中は、お互いに別々の生活をしています。そして、恋愛と結婚の一番の大きな「差」は、法律的な責任が発生しているか、いないかということです。精神面から考えたときも、結婚しているときと恋愛中では、相手に対する気持ちや責任は大きく違っているという人が多いでしょう。

逆に言えば、恋愛期間中に相手の気になることを確認しておくことで、結婚を成功させる確率を上げることができるとも言えます。結婚に対して何か不安を抱えている人は、結婚前に不安を解消しておくようにしましょう。

大きな不安は関係が壊れる覚悟で確認する

ある程度お付き合いをしていると、暴力的なことや金銭的なこと、異性関係などこのまま見て見ないフリはしない方がいい内容について不安を感じてしまうことがあります。

不安は、相手への不信感につながりますし、結婚生活がうまくいかない原因にもなります。このような不安がある場合は、目をつむってそのまま結婚してしまうのではなく、関係が壊れる覚悟で結婚前に確認することをおすすめします。

交際期間が長い場合は、情がありますので今さら別れられないと思ってしまうかも人もいるでしょう。また、年齢が高くなってきている場合は、ここで別れてしまったらもう二度と結婚したいと思える人との出会いはないかもしれないと不安になる人もいるでしょう。

でも、こんな不安を抱えたまま結婚をしてしまいますと、その結婚はうまくいかない可能性が高くなります。とはいえ、嫌われるかもしれないと考えると、相手に確認することはとても怖いことですよね。

しかし、この不安に蓋をしたまま結婚をしてしまうと、今別れるよりももっと不幸な結果になるかもしれません。結婚生活に支障になる不安を感じている場合は、関係が壊れることを覚悟してでも結婚前にしっかり確認してみましょう。

結婚の失敗の原因になるお金の不安は抱えたままにしない

お金はなくても、幸せな生活をしている人はたくさんいます。しかし、現代社会においては、生きていく上で「お金」は必要不可欠なものです。家賃、光熱費、食費など生きるために必要なものは、お金と交換しなくてはいけないからです。

恋愛期間中に、相手の金銭的な事情を詳しく聞いたことがあるという人はほとんどいないのではないでしょうか。しかし、相手の金銭的な事情について気になることがある、不安なことがあるという場合は、結婚がうまくいかない原因の1つになります。

お金に関して相手の様子がおかしいときがある、自分の借金について相手に話していないなどがある場合は、結婚する前に正直に相手に伝えておきましょう。

 

結婚を失敗するってどういうこと?

結婚が失敗だったと考える原因は人それぞれです。その中でも代表的な原因は、「金銭的なこと」「暴力」、「異性関係」「生活面で協力がない」といったことがあります。金銭面は、定職に就かない、家にお金を入れてくれないなど生活そのものに支障が出てしまうケースが多いでしょう。

また、交際していたときは優しい人だったのに、結婚した途端、言葉の暴力も含め、暴力的になってしまったということが原因で、離婚に至ることがあります。

結婚が失敗だったと考える状況には、「毎日何らかの我慢をしたまま生活している(相手に不満がある)」「このままでは生活できない状況になっている」「離婚を考えている」「離婚してしまった」といったことがあります。

仮に離婚までには至っていなかったとしても、結婚生活に何かしらの不満を抱えている場合は、結婚を失敗したと考えている人が多くいます。

結婚を失敗しないためには結婚前の同棲は必要?

結婚前の同棲については、人それぞれ考え方がありますし、お互いのご両親が結婚前に一緒に住むということを快く思わない場合があります。結婚を失敗しないためとはいえ、親の反対を押し切っての同棲はおすすめできませんが、結婚を成功させる手段の1つとしての結婚前の同棲について「メリット」と「デメリット」をご紹介します。

同棲するメリット

同棲する最大のメリットは、正式に「籍」を入れる前に、結婚生活を実際に体験できるということです。

恋愛中であれば、デートが終わればお互いに帰る場所があるので、会っている間だけは相手に嫌われないような自分を演じることも可能ですが、同棲をするということはほぼ結婚生活を送っているのと同じ状態で生活するということになります。つまり、お互いにありのままの姿をすべて見せることになるということですね。

結婚に失敗したくないという場合は、結婚する前に同棲をして実際に生活を共にして、これからずっと一緒に生活していけるのかを確認してみるというのも1つの方法かもしれません。

同棲するデメリット

同棲する最大のデメリットは、正式に結婚をするタイミングを逸してしまう可能性があるということです。同棲生活が長くなればなるほど、「入籍していない」ということを除けば、ほぼ結婚している状態と何ら変わりはありません。

そのため、同棲生活が長くなれば長くなるほど、ズルズルと同棲状態が続いてしまう可能性があります。このような状態になることを防ぐためには、同棲を始めるまえに一緒に住む期間を決めておくというのも1つの方法です。

例としては賃貸物件の場合は更新がありますので、そのまま何もせずに更新してしまうのではなく、「次の更新をするときに結婚について考えて、結論が出たら更新する」という約束をしておきましょう。このように、具体的な期間や手段を同棲する前に決めておくと、同棲を結婚を成功させる手段に変えることができるのではないでしょうか。

結婚を失敗しないためには我慢は禁物?

結婚生活を成功させるためのコツは、お互いにありのままの自分でいるということです。自分に嘘をついたり、我慢をし続けてしまいますと、やがて小さな不満が大きなストレスになってしまうことがあります。

もちろん、相手に思いやりの気持ちを持つことも大切ですし、歩み寄ることも大切です。しかし、お互いに幸せな結婚生活を続けるためには、過度な我慢はしないようにしましょう。

お見合い結婚は幸せになれる?

最近では、結婚相談所や街コンといった出会いの手段が増えてきているため、お見合い結婚する人の数は急激に減少しています。恋愛結婚とは違い、結婚相談所や街コン、お見合いは、相手に好意を持つところからスタートするのではなく、出会いがお付き合いのスタートになります。

好きから始まらなくては、幸せになれないのか?というとそんなことはありません。お見合いは、あくまでも出会いの1つの形に過ぎません。むしろ、最初からお互いに結婚を視野に入れたところからお付き合いが始まるので、お見合いで出会った相手だからこそ、最初から良い面だけでなく気になる面も同時に見ていくことができます。

「恋は盲目」という言葉がありますが、好きから始まる出会いは、相手の気になる部分を好きという気持ちが嫌な部分を隠してしまい、なかったことにしてしまうことがあります。

お見合いの場合は、最初から結婚を視野に入れてお互いの気持ちを少しずつ一緒に育てていけるので、結婚が成功しやすい出会いの手段の1つと言えるかもしれません。

紹介してくれた人に遠慮して自分の気持ちに嘘をつかない

お見合いから結婚を考える場合、1つ注意しなければならないことがあります。それは、紹介してくれた人に遠慮をして自分の気持ちに嘘をつかないことです。本当は、この人とは合わない、結婚したいという気持ちになれないのに、紹介してくれた人の手前断ることができず、そのまま結婚してしまいますと幸せになれない可能性があります。

前の項目でもご紹介しましたが、お見合いは出会いの手段の1つに過ぎません。紹介してくれた人のことを考えて、自分の気持ちに嘘をつくことは止めましょう。

結婚をゴールだと考えていませんか?

周りの友達が結婚したり、そろそろ結婚したいなという気持ちが芽生えてくると「早く結婚したい」という気持ちになる人は多いのではないでしょうか。結婚をして誰かと一緒に生活をすることは素敵なことですが、結婚は、「ゴール」ではなく「スタート」だということを意識しておくことをおすすめします。

「早く結婚したい」という気持ちのある人は、新しい出会い→告白→お付き合いを始める→結婚を意識する→結婚という流れが頭の中にある人も多いでしょう。しかし、結婚は今まで別の場所で生活していた男女が夫婦として生活を共にするということです。つまり、結婚までの期間よりも結婚後の期間の方が長く過ごすことが多い人がほとんどだということです。

結婚を失敗しないコツは、「結婚」をゴールにしないことです。これから先お互いの容姿が変わっても、どんな困難が起こっても2人で乗り越えたいという人をパートナーに選びましょう。早く結婚するためだけにあせってパートナーを選んでしまいますと、失敗してしまう可能性があります。

結婚失敗だと思った事例

結婚に失敗したかも?と感じているAさんの事例をご紹介します。

Aさんとご主人は共働きで、ご主人は、家賃と光熱費を負担しています。Aさんは、食費やそれ以外の雑費などを負担しているのですが、家事は全部Aさんがやっています。帰宅は、ご主人の方が早いので、洗濯物の片付けやご主人ができる家事を少しでもいいから手伝ってほしいとお願いをしたのですが、気が向いたときにしかやってくれません。

Aさんが帰宅すると、ご主人はいつもリビングでだらだらしていて、その姿を見るたびにイライラしているそうです。借金があったり、暴力を振るわれたりなどがあるわけではないのですが、お世話係にされているだけのように感じてしまっているAさんは、この結婚は失敗だったかもしれないと感じるようになりました。

Aさんは、子どもがいないうちに離婚をした方がよいか悩んでいるそうです。

Aさんのような事例は、どこの家庭でもよくある話ではないでしょうか。つまり、どこの家庭にでもある当たり前だと感じてしまいそうな日常でも「結婚生活がうまくいかない」原因になるということです。

結婚成功の事例

結婚に成功したBさんの事例についてご紹介します。

結婚して30年のBさんは、ご主人は家計管理が得意で、住宅以外はローンを組まずに生活してきました。家計管理が得意なご主人のおかげで、住宅ローンの支払いも早々に完了し、支払いに追われる心配をしたこともなく、今ものほほんと暮らしているそうです。子どもたちも成人し、離れて暮らしているので心配もありますが、とても良い子に育ちました。

ご主人は、いつもBさんを大切にしてくれていて、趣味や笑いのツボまで一緒なので、話題が尽きることもないそうです。Bさんもご主人も結婚してよかったと心から思っていて、これからもずっと仲良くやっていきたいと思っているそうです。

このエピソードを聞いているだけで、なんだか幸せな気持ちにさせてもらえますね。家のことは、得意な方がやるというのは、結婚生活を成功させるための参考になるのではないでしょうか。

まとめ

この人と結婚したい!と思える人との出会いは、自分の生涯の中でそう多くはありません。自分が本当に心から愛している、結婚したいという気持ちは大切にしたいですね。

結婚は、今までまったく別の環境で育った2人が一緒に生活をしていくことになります。生活習慣や食べ物の好み、好きなものなどが違うのは当たり前のことです。結婚を失敗しないために一番大切なことは「相手に対して過度な期待をしない」ことです。

結婚の成功例のBさんのように、家のことは得意なことを得意な方が担当するというのも、うまくいく秘訣かもしれません。逆にAさんのように、どこの家庭でもありそうな出来事がうまくいかない原因になってしまうこともあります。お互いに不満にならないように得意な分野を考えながら、分担を最初から決めてしまうのもよいかもしれません。

結婚は、相手の良いところも、悪いところも含めて2人で夫婦として生活していきたいと思っているかどうかが大切です。

そして、ありのままの状態でお互いが生活できるのか、ときには相手に歩み寄り、相手を思いやることができるかということが結婚生活には必要になります。結婚生活だけでなく、物事には失敗はつきものです。この人と結婚したいという大切な人に出会ったのですから、どうしたら、仲直りできるのか、2人が笑顔になれるのかを考えてみると、失敗は成功に変えられるでしょう。

皆さんも是非記事を参考に、幸せな結婚をしてくださいね!

新着一覧